FC2ブログ

一人で教える塾のメリット

今日は齊藤塾の指導法について書きます。

せっかく確立したノウハウを公表するのはもったいない、とアドバイスしてくださる方もいるのですが。
自分で言うのもなんですが、はやり特殊な指導法だと思いますので

こんなやり方もあるのだ、ということをお伝えしてもよいかと思うのです。

このブログは同業者の方も読んでくださっているかと思います。もし、私の指導法に深刻な問題点が見つかったようなら是非連絡を頂きたいのです。

今日の指導内容あたりから紹介。

吾妻地区の中3生は明日、第1回校内実力テストを実施する中学校も多いようです。まあ、これは実質的には業者テストの復活、偏差値の復活を物語っていますが、これ以上は触れないでおきます。せっかく皆さんが望んでいる方向に流れが向かっているのに、余計なことを言う必要などありませんからね。でも、20年以上かかりましたよね。偏差値がなければ進路指導なんてできません。だから皆さん使っているのです。でも、まだ「偏差値」をいう言葉だけは使えない。ギャグですよね。

おっとまずいまずい、私の指導法の話でしたね。

実力テストに備えて実戦問題プリントを生徒が各自解いて私に提出し、私が丸つけをして返す。生徒は返却されたら解き直して私に再提出し、丸つけをしてもらう、ということを繰り返します。問題によっては私がヒントを出したり、教科書のページを示して考えさせたりする。全問正解になったら生徒に返却して、次回の通塾時にもう一度解かせる。そんな感じです。

あまりにも普通すぎますか。どこにオリジナリティーがあるのか、と叱られそうですよね。だからこのブログでも「普通」を強調しているのです。「普通」にやることって難しいのですけどね。

私のアドバイスは「図を描いて考えてみよう」、「教科書のここをよく読んでみよう」、「この問題を先に解いてみよう」など様々です。それと、同じ問題についても生徒によってその採点は厳しめにしたり、甘くしたりこれも様々です。生徒一人一人を普段から見ている私だからできるやり方でしょうね。今よりも少しでも得点を伸ばすことに目的があるので、各問題で完答を求める場合と部分点でもよいから取らせるべきか生徒によって見分けてゆくわけです。特に苦手な問題については完璧を求めるよりは少しでも得点を上積みすることを目指します。生徒の得意、不得意を見分けながら作業を進めることになります。

ヒントをどこまで出すのか。意図的に荒っぽいヒントにするのか、説明の多いヒントにするのかを判断して行かねばなりません。正解にたどり着くまでの距離を微調整しながらの指導ということになります。距離が遠すぎてつらくなってしまう生徒もいます。また、ヒントが多すぎて挑戦する気がなくなってしまってもいけません。

生徒によっては、まず基礎的ワークに戻ってから実戦問題を解かせた方がよい場合もあります。今のところそのような生徒はいませんが。

教え過ぎてはできるようにはなりません。かといって、教えてもらわないと分からないことは教えてやり復習で力をつけさせるべきです。このようにデリケートなことを生徒や保護者の都合、学校行事の都合などに合わせながら最大限時間を有効に使いながらやってゆきます。

特に中3生の場合には普段は実力テスト範囲の学習をしてゆき、学校の単元テスト、期末テストの前には中3の範囲に切り換えて学習させます。単元テストは突然やってくることも多いし、予定通り実施されないこともある。また、抜き打ちにあることも。それらを「予想」しながら生徒の学習内容をコントロールして行く作業に気の休まることはありません。

以上のような指導を複数の指導者が同じ指導レベルで行うことは不可能ですし、アルバイト講師などが行えるとはとうてい思えません。

まるつけの「作業的」なことは誰かに任せようかと考えたこともありましたが、断念しました。最近の問題は記述式が多く、機械的作業ではできないからです。デリケートな部分が多すぎるのですね。

自分で手を動かすこと、思いめぐらすことに重点を置いて指導しているつもりです。生徒が自分でそのようなことができるようになると急速に私の仕事は楽になり、生徒が結果を出し始めます。
その瞬間を楽しみに5月の指導は続いてゆきます。

まずは7月までが勝負です。

後で続きを書きますね。

外は大雨です。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント