FC2ブログ

思い込み集め

言葉はコミュニケーションのために発明され、その後に歌が生まれた。

本当にそうだろうか。
歌が最初で会話が後、あるいは同時進行だったかもしれないではないか。

私の長女は言葉を覚え始めると同時に何やら歌っていた。
それを見てはっとした。
言葉って歌の方が最初かもしれない、または同時進行かもしれないと直感した。

次は別の話。

今のスポーツは速く、高く、強くを目指して競っている。
スポーツなんだからそれが当たり前。
でも、どうもこれは資本主義と関係があるのだという。
進化論ともダブるようだ。
競争することで強いものが生き残る。生物も会社も同じ。
昔からそう信じられていたかというと、どうもそうでもないようだ。
スポーツでも競争するようになったのは近代オリンピック以降だと聞いたことがある。

次も別の話。

石油を前提としない資本主義は可能か。
産業革命は木炭から始まり、次に石炭に、そして石油にとエネルギー源を転換してきた。
そして、次は原子力か、あるいは電力かなどと言われていた時期もあった。
でも、実際は掘れば勝手に地下から上がってくるような地下資源は石油しかない。安く手に入る石油を利用するようになって、資本主義は一気に開花した。そして、今だに石油文明が続いている。
電気だって、環境破壊しない作り方は見当たらないようだ。
石油は気の遠くなるほど長い年月かかって集められた太陽エネルギーの缶詰だ。人類はこの缶詰を開ける「缶切り」を発明しただけだ。それなのに「人類の英知」などといって有頂天になっている。誰かが作ってくれた缶詰の開け方が分かっただけで「オレはすごい」と言っている人は滑稽ではないか。

近代以前の人類が手を付けなかったエネルギーであるところの石油(エネルギーの缶詰)を今の世代が大量に消費しているだけだ。私達は、どうもとんでもない勘違いをしているように思える。先祖が手を付けなかった遺産を一気に使い果たそうとしている。それだけではない。使い果たすということは、子孫が使う分までも消費してしまっていることになる。
親の遺産を使い果たしただけではなくて、自分の子供からも借金をしているようなものだ。
それなら贅沢な生活ができるのも当たり前の話だ。
そんなひどいことをしておきながら、その遺産で派手な生活をして「オレには能力がある」などと得意満面だ。あまり褒められたものではない。

ちょっと別の話。

資本主義を前提としない自由主義はあるか。
冷戦時代、社会主義と対峙するものとして資本主義と自由主義とがあったかと思う。同じ社会を視点を変えて呼んでいるのだろうか。いわゆる経済発展というものなしに自由主義って可能なのだろうか。得意げにいう経済発展なるものも、途上国からの搾取なしに成り立つものなのだろうか。
搾取なしに(植民地からとは限らない)成り立つ資本主義ってあるのだろうか。

最後にもう一つ言葉の話で。

散文が先にできてその後から韻文ができた、と人は勝手に思い込んではいないだろうか。
散文が先で韻文が後。
そんな証拠はどこにあるのだろうか。
言葉は詩や歌が先だったかもしれないではないか。
だから、どうしても韻文では韻を踏んだりして歌って気持ちよくなることを優先しているのではないのか。時には内容を犠牲にしているとも思えるほどに苦しみぬいて作ることになっても、韻を踏むことをおろそかにしない。歌えない詩ではだめなのだ。


何だか、最初と同じ話になった。


(今日は近所の女性の訃報で目覚めた。
私に塾を始めるきっかけを作ってくれた人。
背中を押してくれた人。
通夜、告別式のお手伝いをさせてもらうが、沢山泣くことになるのかな。)



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント