FC2ブログ

伸びられる日は伸びる

今日も「忍ばせ」ます。

光村図書小5の国語教科書『銀河』に高見順さんの『われは草なり』という詩が掲載されている。何故この詩がここにあるのかは分からない。

われは草なり伸びんとす
伸びられる日は伸びんとす
伸びられぬ日は伸びぬなり・・

文語、七五調、繰り返しを特徴とする詩として紹介されているようだが。
高見順さんは晩年、病を患い常に死と隣り合わせの生活の中でこの達観した詩を作ったようだ。『銀河』をすぐに手に取れる方、是非開いて読んで頂きたい。塾の先生、小5以上の保護者の方は生徒やお子さんの本棚にあるかもしれないので。

後半はさらに力強く、与えられただけの、身の丈にあった生を生きる喜びが表現される。

私は死ぬのが恐くなった時にこの詩を読み返す。
今のこの生を生きていることの喜びに満たされる。
この詩は力強くそれを「楽しさ」と表現し歌っている。

日本に詩人って何人いるのだろう。だいぶ前に聞いた話では、歌詞専門の人(作詞家)を除くと4~5人だそうだ。今はもっと少ないかもしれない。

このような詩に力をもらって救われる人がいる。少なくともここに一人。

会田綱雄さんという詩人が『伝説』という詩を書いている。
湖から這い上がってくる蟹を縄にくくりつけ、市場で米と塩に換えるという生活を繰り返して子供達を育てている貧しい夫婦の話。彼等の「ちちはは」も同じことを繰り返し彼等を育てた。彼等はやがてやせ細った自らの体を「かるく かるく 湖にすてに」行く。それを蟹達は食いつくす。それは「ねがい」だと続く。永遠に続く生と死の繰り返しの中にいる自らを自覚した時に、静かな気持ちになれる。

是非お読みください。図書館でしか読めないかもしれませんが。

今日はここまで。

(今日はある新入塾生の初日だった。また、お問い合わせも頂いた。感謝。)
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント