FC2ブログ

数学のでこぼこ

今日は入塾面接をした。1年後が楽しみな生徒だ。

さて、

今日は「数学のでこぼこ」の話。


数学者、経済学者の小島寛之さんが、ある書物の前書きで次のような話をしている。一部かいつまんで紹介しよう。勿論、全文紹介をする訳には行かない。

多くの人は「数学は完全無欠なもの」と思っているが、そうではないと小島先生は言う。
数学は、紆余曲折の末作り上げられてきてまだ完成からはほど遠い、とも言っている。

今の数学は、宇宙からそのままの形で降ってきたものではなく、数学者たちが歴史の中で悪戦苦闘して作り上げたものだから、作り上げる過程で、失敗も間違いもあったし、遠回りもした。だから、現在の数学にはその傷としての「でこぼこ」がまだたくさんあって、それで人は足をとられて転んでしまうのだ、と言っている。

数学には「でこぼこ」があるのだという。こんなことを言う数学者にはあまり出合ったことがない。数学は「完全無欠」ではないのだともいう。数学ってそんなに人間臭いものだったのか。

そして、次の言葉に君達もホッとするだそう。

数学につまずいたからといって、それは学習者の落ち度ではない、というのだ。それは数学に「でこぼこ」があるせいなのだ、と。その「でこぼこ」は、数学の人間臭さだから、私達はひょいひょいとかわして歩く必要はないのだそうだ。転んだら、立ち上がればいいし、何度も転ぶならそこだけ迂回して進めばいいのだ、と。

数学は人間の悪戦苦闘の歴史の中から「人間が」作り上げてきたものだ、と小島先生はいう。
まだまだ未完成で「でこぼこ」しているから私達が勉強するときにスムーズには行かないのだ、と言っているのだろう。

私達は数学こそが宇宙の摂理を解き明かす道具だと勝手に思っている。今、私達に提示されている数学は完成したものだと勝手に思いこんでいる。小島先生の話から、どうもそうではないらしいことが分かる。数学の発展に関わった一人一人の「人間」の営みが垣間見えるようで、なんか嬉しくなりませんか。そして、私が数学に悪戦苦闘してもそれは一人の人間の営みとして、先人とあまり変わらない営みなのだと思うと先人も自分自身もいとおしくなる。

私は小島先生のように「真実」を語ってくれる人が大好きだ。そして、そのような人ってなぜか数少ない。




今日もお読み頂き、感謝します。


入試まであと二日。塾生達も腹のすわった表情になっている。
今日学習したことは必ず入試に出る。未習だったところは出ない。大丈夫!
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント