FC2ブログ

普通科

今は100年に一度あるかないかの戦争状態です。
そのことをお忘れなく。
上から爆弾が落ちて来ないだけです。

一人一人の緊張感が新型コロナに打ち勝つ武器となります。


さて、普通科の話の確認。

中学校での進路相談でも、漠然とした見通ししか立っていない生徒は、担任の先生に問い詰められた、という時代がかつてあった。「君はその高校で何に取り組むつもりなのか」と盛んに問い詰められた時代があったのだ。今ではそれほどでもなくなったようだが。生徒達は夏休みに盛んに高校見学、体験入学を繰り返し「慎重に」選んでいるいるから、問い詰める必要がなくなったのか。高校入学後の退学理由に、ミスマッチ以外にも様々なものがあることが分かってきたからなのか。

「モラトリアムの時代」とは言われなくなってきたようだ。決定先送り人生を揶揄する空気感も今はあまりないようだ。私は個人的には、日本社会の緩い将来決定システムは嫌いではない。ドイツのように人生の早い段階で方向性を決められてしまう社会は、若者にとっては可愛そうだと思っている。ある程度は「迷わせて」あげたいと思っている。

その迷うきっかけを作ってくれるのが受験だ。

限られた地域の限られた高校の中から選択することが求められる。どこかで腹を決めなければならない。しかも、実力をつけて合格が視界に入らなければ受験すらさせてもらえない。

大いに迷って欲しい。大いに苦しんで欲しい。
むしろ、安易に決めるようなことがあって欲しくない。

迷う中で「とりあえず普通科」はありだ。

中3段階で、自分の適性も将来の夢も漠然としている人は、可能性を残せる普通科に進学することにためらう必要はない。逆に、自分の将来にある程度の方向性が見えて来ている人は、職業高校に進学することで仕事が身近に感じられて幸せな高校生活が送れる可能性が高まる。

様々な情報を集めたり、人に相談したりしながら絞ってゆくわけだが、それでも絞れない人も出てくるだろう。沢山の本を読んだりして大いに迷って欲しいと思う。

私からは一つだけアドバイスしておこう。

他人より「一歩前に踏み出すこと」をお勧めする。

直接人に会いにゆく。電話をかけて相談させてもらう。手紙やメールを送ってみる。一歩前に踏み出すとはそういうことだ。

生徒にこのようにアドバイスするとほとんどの生徒の反応は同じだ。
「いや、いいですよ。そこまでしなくても、だいたい分かりますから」など。

勇気がない。面倒くさい。そう言わないだけで、生徒の顔がそれを語っている。そこまで真剣にならなくてもだいたいでいいんだ、と。

だから、良いのだ!

大半の生徒はそんなことをしない。(少なくとも日本人の大半はそういう発想だ。)
だから、一歩踏み出せる人は光って見えるのだ。
「この子は普通の中学生とはちょっと違うぞ」と思ってもらえる。

自分の志望校だ。家族や先生に決めてもらうなどということのないように。どんな下手な選択だったとしても、自分で決めたことなら後で必ず「学び」が生まれる。苦しむ中で情報を集め、本を読み、そして他の人のできない一歩を踏み出して欲しい。

この一歩を踏み出すときのシビれる感じ。これを是非味わって欲しい。
何年経っても、思い出してしまうようなシビれる瞬間。

失敗

世界が新型コロナと戦っています。
人類全体に対する試練です。


何とかしてこの試練を乗り越えて、また一つ強くなりたいものです。

未知の敵との戦いですから、警戒レベルは上げるべきです。

空振りで御の字。

人は何故か、未知の敵に対して軽く見る傾向があるようです。
恐いことです。


さて、


一つ失敗すると、一つ強くなる。

勿論、深く反省した場合だけです。
同じ失敗を繰り返してはダメです。

「負けに不思議の負け無し」ですから。

演習問題をスラスラと解く人。
沢山の問題を解き、多くの困難を経験し、一つ一つを乗り越えた証として「スラスラ」があるのです。

塾生達を見ていて、日々再確認させられることです。

「できる」人は沢山の演習問題を解いています。
その過程で、沢山の失敗を経験している。
演習時間も演習問題の量も圧倒的に多い。

齊藤塾のような自立型学習塾は「必要時間、必要量」を教える所です。
子供はどうしても物事を軽く考えがちです。
これは、子供の特権ではありますが、それでは強くなれない。
必要量を提示し、体感させ、ショックを与える。
私の仕事。

苦手克服の方法


以下は私がお勧めする苦手克服法です。

まず、比較的薄く、基礎中心の問題集を用意します。
そして、その問題集を前にして正座し、「よろしくお願いします。今日からちゃんとやります」と問題集に挨拶し、1問1問解いて行きます。解くための場所と時間をしっかりとって、逃げずに立ち向かう姿勢を自分自身にとらせます。

つまり、「ちょっと今日はそんな気分になれないな。明日からやろうか」という逃げの気持ちにさせないようにするのです。儀式をしっかりやって自分の姿勢を正すのです。そうすることで新鮮な気持ちで立ち向かえます。

前回の復習をしながら、少しずつ前に進めるのは同然のこと。少し緩めの予定をたてて、何か所か通過予定日を決めておきます。つまり、何ページの問題は何月何日に解く予定だ、ということを決めておく。これも、あまり欲張らずに緩めに決めます。

通過点を予定通りに通過することで、よしよしこの調子、と自分を褒めることができますね。

ここで大切なことは、緩めの予定とはいえ「絶対に」クリアーするということ。風邪をひこうが、お婆ちゃんが入院しようが、親に雪かきを命じられようが、それらは勉強しない理由にはなりません。だって、そのために緩めの予定を立てたのですから。

自分の設定した予定通りに問題集を進めることで、自信がついてきます。「ああ、自分は予定をクリアーできる人なんだ」と。その小さな自信は次の予定をクリアーする勇気となります。そして、少しですが勉強が楽しくなってきます。やればできる人なんだ、と思えるようになってきます。次の予定を立てる楽しみも出てくるというものですね。

以上の方法は、様々な制約下でも実行できるかと思います。計画をたてて、自分を緩めに縛ることで「何となく気が向かないから後回し」という気持ちにさせない。逃げの気持ちにさせない効果があります。

是非お試しを。

2020、3月 齊藤塾合格実績、最終結果

本日午前10時に公立高校後期試験の合格発表がありました。

2020年3月、齊藤塾の合格実績最終結果を掲載いたします。
第1志望全員合格となりました。

9年連続トップ校合格です!

努力の人は結果を出します。

(以下は各塾生の進学先です。併願校合格分は含みません)

高校受験

前橋女子高校  1名合格
本庄東高校(特進選抜)  1名合格
佐久長聖高校Ⅰ類 1名合格
前橋育英高校(特進選抜S) 1名合格
前橋育英高校(特進A) 1名合格
農大二高(Ⅱコース発展) 1名合格
渋川高校 2名合格
渋川女子高校 1名合格
高等工科学校 1名合格
創価高校 1名合格


中学受験

中央中等教育学校 1名
共愛学園中学 1名

大学受験

茨城大学理学部(数) 1名合格
信州大学繊維学部 1名合格
早稲田大学  1名

*併願校も含めると他に育英高S、農二高、津田塾大、東京女子大、北里大、麻布大等多数合格しています。

2020年 茨城大学理学部(数学)合格 Mさん・・・・入試本番で自己最高得点!

【合格体験記】

2020年 茨城大学理学部(数学)合格 Mさん・・・・入試本番で自己最高得点!


「私は茨城大学理学部理学科数学・情報数理コースに合格することができました。齊藤塾に通い勉強したことで、大学に合格することができました。私は塾では苦手科目を中心に勉強しました。最初は基礎から始めました。同じ参考書を何度も何度も繰り返し、だんだんできるようになってきました。模試では、最初は全然わからなかった英語の文法問題も、何度も同じ問題集を繰り返したことで、「この問題、見たことある。」と思う問題がだんだんと増えていきました。国語は、特に現代文が苦手で、勉強に仕方もわかりませんでしたが、基礎の参考書から始め、センター試験対策の参考書を勉強しました。
センター試験直前の12月からは、英語の筆記とリスニング、化学の模試の過去問をやり、問題に慣れるようにしました。センター試験本番では英語の筆記とリスニング、化学で自己最高点を取ることができました。本番で自己最高点が取ることができたのは本当に塾に通い勉強したからだと思います。
センター試験後は私大と二次試験に向けて勉強しました。私大では英語と数学の筆記が国立の二次試験では数学の筆記が必要でした。私大の過去問は5年分、国立大学の過去問は15年分やりました。数学の筆記では証明問題が多かったので、先生に見てもらいました。私は最初は数学の中で証明問題が苦手でしたが、何度も繰り返し解き、パターンをつかむことで、本番に出た問題も解くことができました。私が合格をつかむことができたのは、齊藤塾に通い、先生に指導していただいたからです。本当にありがとうございました。」



やはり、過去問ですよね。
それと反復学習。
当たり前過ぎる結論。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント