諦めない人には奇跡が起きる!

今年も、全ての後期試験受験生に次の言葉を贈ります。


高校入試後期試験直前の皆さんは私の文章を落ち着いて読む余裕など無いかもしれませんが、ひとつだけ伝えたいことがあります。齊藤塾からトップ校に合格した先輩達を見ていて強く感じたことです。

それは「あきらめない人には奇跡が起きる」ということ。

前期試験の発表から後期試験までの期間(ちょうど今の時期)は、前期試験不合格だった生徒達には残酷な日々が続きます。でも、前期試験が不合格だった生徒達だけに与えられた神様からのプレゼントがあるのです。それは、このピンチを長い人生に生かせる「人生修行」のチャンスにできるということです。

人間は追い詰められないと力が出ません。前期試験の発表までは、心のどこかで前期試験合格という「楽な道」への期待があったために、その能力は開花することはありませんでした。でも今は、この「逃げられない現実」を前にゴチャゴチャ考えることはやめて、「やるしかない!」と腹がすわっているはずです。こういう時にだけ人は「変われる」のです。逃げられない現実を前にして、自分の弱さは何か、自分の強みは何か、自分はどこで「勝ち」どこでは「負けて」も良いか。そもそも自分はどんな人なのか。追い詰められたからこそすっきりと見えてくるのです。

オリンピックでメダルを取った選手の多くが、「実は大会直前に怪我をしていた」とか「実は試合の3日前までは長いスランプが続いていた」とか「実は1ヶ月前に父親が入院していた」などドラマ以上のドラマを語ってくれることがあります。神様のいたずらなのか、神様がその選手を「試して」いるのか。きっとその選手達もトラブルにみまわれた時には「どうしてこんなときに・・・」とその運命を呪ったのかも知れません。でも、彼らはそれを乗り越えて、一生に一度あるか無いかのチャンスをものにした。彼らはその運命を呪うのではなく、さらに強くなる道を選んだ。決して「怪我さえしなければ。」などといつまでも考えてはいなかった。

あきらめない人には奇跡が起きます。運命を呪うエネルギーを、神様が与えてくれたチャンスを生かすエネルギーにかえて、人生の宝物を手に入れましょう。後期試験を受ける生徒には今回そのチャンスがめぐってきたのです。さて、君はどう乗り越えるか。一人一人その取り組み方は違います。心を澄まして集中している人には取り組むべき道が見えてきます。一つの目標に向かって集中している人には本物が見えてくるのです。

あきらめない人には奇跡が起きます。これは前期試験に合格した生徒達を含めて受験生みんなに伝えておきたいことです。今は追い詰められた状況に無くても、必ずそのような日は訪れます。その時のために覚えておいてください。あきらめるのは楽ですが、後で後悔の念が繰り返し、繰り返し襲ってきます。あきらめないで最後まで戦ったという事実はその人を強くし、その後の人生の宝になります。

あきらめない人には奇跡が起きます。自分の弱さに真正面から向き合うのはつらいことですが、自分で選んだ道だから頑張れるのです。そして、挑戦できる自分を好きになれるのです。


今年も受験生達にこの言葉を贈ります。私が自分自身に言い聞かせている言葉でもあります。受験生は後期試験倍率にけっしてビビることなく戦って欲しいと思います。受験生達はまだ大半が横一線に並んでいると考えてください。気持ちで負けない人は最後に頭ひとつ出られます。

最後まであきらめない人は誰か。
神様はちゃんと見ていますよ。

考えていたら間に合わない

入試では情報処理の速さが求められます。

考えていたら間に合わない。
立ち止まっていたら時間切れになる。

制限時間のある入試。
解答時間は短めに設定されています。

だから、

考えなくても手が動くくらいに各分野に精通していることが求められます。

日頃から徹底復習。
日々の反復が必要なのです。

反復回数を重ねるにははどうしても時間が必要です。

だって、最初から速く解ける人なんていないのですから。

反復によって解答スピードは何倍にもなります。

そういう意味では、入試の前日までにどのくらい時間をかけて取り組んだかを試されているとも言えます。

時間をかけて十分に精通しておく。
そのことで入試本番での解答スピードが劇的に速くなります。

合格したい人は寝なさい!

塾生達には冬期講習案内の配布を始めています。
もうそんな時期なんです。

さて、今日はいつものこの話の再掲です。

「もう後がない」という追い詰められた受験生だったときに私が常に自分に言い聞かせていた言葉があります。それは、「どんなに苦しくても、3月になれば終わる。」です。どんなにつらい苦しみでも、それが期限付きならば人は何とか乗り切ることができるのです。だからこそ、受験生は今のつらさから逃げることなく、自分自身と戦って欲しいのです。自分と戦う上で絶対に守って欲しいことがあります。それは、十分に睡眠をとること。(ちょっと意外かもしれませんが。)もっと具体的に言うと寝る時刻と起きる時刻をまず決めて、体に睡眠時間を保証し生活リズムを作ることです。いつになったら休めるのか分からない状態では体の方も「いつまで頑張れば休めるの?」と悲鳴をあげてきます。体にも期限付きで頑張ってもらうのです。我々の時間は有限です。その時間をいかに効率良く使うかで勝負は決まります。夜更かしの人ほどだらだらと夜の時間を無駄に使っています。夜の時間は無限にあるというような錯覚に陥ってしまうからです。

人間という動物は昼間に活動して、夜には休むようにできています。深夜1時以降まで学習することは非効率であるばかりかその分昼間の学習効果を半減させてしまいます。生活リズムが狂ってきてしまうからです。生活リズムが狂っている人は自滅してゆきます。家族が寝静まった深夜には集中して学習できるように思えるかもしれません。それでもあえて寝るのです。これが冷静な大人としての判断です。受験は大人になるために人生を学ぶ道場なのですから。だらだらといつまでも起きていて、時間が無限にあると錯覚しているのは子供です。冷静な頭で時間管理のできる「大人」に成長するチャンスを与えてくれるのが受験です。受験では君が大人の行動が取れるか否かを試されているのです。十分な睡眠がとれて体内時計のリズムが出来ている人は朝起きた瞬間からエンジン全開で生活できます。勉強や生活に前向きな気持ちにもなれるのです。昼間に睡魔が襲ってくることなどなく集中して学習に取り組めるのです。

私自身、追い詰められてどうしても受かりたいと思った時にまずやったこと、それは起きる時刻と寝る時刻を決めることでした。そのときから生活が一変しました。昼間の限られた時間をできるだけ有効に使い、その有限の時間内にその日の分の学習をする。そして、そのような生活を淡々と積み重ねてゆく。受験までの有限の時間(1日の学習時間×残された日数)に予定通りの学習を積み重ねたら、結果については素直に受け止めよう、という「腹がすわった」心持ちになりました。受かっている人は寝ています。だから、声を大にして言いたい。「夜は寝なさい! 勝ちたい人は寝なさい!」

学校見学と覚悟

オープンスクールや体験授業に毎週参加している人も多いかと思います。
沢山の学校を見ることで、自分なりの判断基準が出来上がってきていることでしょう。
多くの学校を見ること自体は悪いことではありません。

自分なりの「本命」はほぼ固まってきているでしょう。
適当なところで切り上げて「覚悟」を決めることも必要ですよ。




各中学校実施実力lテスト結果。今日の提出分。

458点(学年3位)、442点(学年13位)

前回よりも5教科で89点アップの人も。
一通り出揃ったら集計します。


「逃げ場」を作らない。

逃げ場があるうちは本気になれません。

逃げ場があると覚悟ができません。

「本気で勉強する」と決めたら、逃げ場を作らないこと。

逃げられないと分かって、覚悟が決まるとスッキリした気持ちになります。

ぐちゃぐちゃ考えなくなるから。

変な欲もなくなります。

限られた時間に最大限努力する。

そして、結果は受け入れる。

そんな腹のすわった気持ちになります。

ゆったりと自然体。

合格する人は振る舞いで分かります。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント