FC2ブログ

今日も高女合格体験記

高崎女子高校合格体験記 ・・・ 勉強の習慣化により集中力が増す!

「私は中学3年生になり、増える応用問題に対応できず、徐々に成績が下がり、このままでは志望校に合格出来ないと不安になり、齊藤塾に入塾を決めました。齊藤塾に入る前まで、私は実力テストで29点を取るほど数学が苦手でした。齊藤塾では徹底して学校の学習の定着を目指し、たくさんのプリントを繰り返し解くことで、数学の苦手を克服することができました。同時に他の教科も安定した点数を取ることができるようになりました。
齊藤塾では私語は絶対禁止で、毎日3時間以上勉強しなければなりませんでした。慣れない間はとても辛かったけれど、毎日の通塾により、勉強を習慣化し生活リズムを整え、集中して勉強することが出来るようになりました。私が受験を乗り越えることが出来たのは、高崎女子高校に入りたいという気持ちを強くもち最後まであきらめなかったことと、齊藤先生をはじめ家族や友達の支えがあったからです。
齊藤塾に入塾してからは、人生で一番勉強しました。齊藤塾は勉強をするためにはとてもいい環境でした。そんな環境にいられたからこそ志望校に合格できたのだと思っています。齊藤塾は、私を大きく成長させてくれました。」(再掲)


苦手科目を克服できた。
今までの人生で一番勉強した。
成長できた。
良い学習環境だった。

合格者に語ってもらうと、齊藤塾の特徴が浮かびあがります。

塾生達に感謝です。


さて、今日も1名覚悟の入塾。
自分との戦いへの心の準備ができました。
入塾までのハードルが高い塾ですよね。
心が決まれば後は戦うだけです。
自分で自分の責任を負う大人への第一歩!

高女合格体験記

「塾で頑張った日々を思い出して」・・・高崎女子高校合格体験記

高崎女子高校合格合格体験記


「私は3年生になる春休みに齊藤塾に入りました。
その頃は、テストの成績を上げるためにどのように勉強したら良いか分かりませんでした。そんな私に先生は、様々な勉強方法を教えてくれました。例えば、復習をしっかりすることです。塾では実戦問題を1度解いた後でもう1度解きなおします。この学習を続けることで、様々な問題に対して柔軟に対応できるようになりました。復習を繰り返すことで社会や理科などの暗記教科では少しずつ点数を上げてゆくことができました。また、苦手な数学でも、今までは手をつけられずにいた発展問題も、少しずつ解けるようになっていきました。
夏休みや冬休みなどの長期休みになると、ほぼ毎日塾に通い、1日に6時間程度勉強することで集中力がつきました。このことで、テストにも集中して取り組むことができ、小さなミスを減らせるようになりました。入試直前には過去問をとにかく沢山解いて、問題に慣れるようにしました。苦手教科では少しでも得点を上積みできるように、また得意科目では確実に点数を稼げるように勉強を怠らないようにしました。
試験当日はとても不安になったけれども、自分はこんなに頑張ったんだと塾での日々を思い出すことで、落ち着いて試験を受けることができました。日々の努力を大切にし、復習を沢山行うことがとても大切だと思います。」(再掲)


何かの間違いで合格するということはありません。日々の努力の積み重ねこそが結果をもたらしてくれるのです。復習の大切さ、反復の大切さが繰り返し述べられていますね。復習。この当たり前のことを「実行するか否か」が合否の分かれ目。高女のようなトップ校でも、いやトップ校だからなおさら復習が大切なのですね。

群馬高専合格体験記

齊藤塾から群馬高専に合格したK君の合格体験記を再掲します。



群馬高専に合格したK君の合格体験記・・・・「日頃の努力の大切さ」を学ぶ

「僕は4月に齊藤塾に入塾し、勉強の仕方を学びました。そして、志望校である群馬高専に合格することができました。
僕は塾で解いた問題を家でもう一度復習として解くようにしました。分からない問題や間違えた問題は「分からないノート」にまとめ、すらすら解けるようになるまで繰り返しました。気がつけば入試直前には、僕の「分からないノート」は20数冊にもなりました。
この勉強の仕方を継続してゆきました。すると、自分でもその努力が実っていっているという実感が湧くようになったのでした。その結果、以前はあまり好きではなかった科目も好きになってゆきました。
僕が志望校を群馬高専と定めたのは12月でした。スタートがまわりの人よりも遅く、とても不安でした。でも、合格することができたのは日頃の少しずつの努力の積み重ねの成果だと思っています。
日頃の努力の大切さを教えてくれた齊藤塾にはとても感謝しています。ありがとうございました。これからも、日頃の努力を続けてゆきたいと思います。」



20数冊の「分からないノート」。
K君の宝物ですね。
高専合格のために一緒に戦った同志のようなものです。
このノートを積み上げたとき、入試に対する不安は払拭されたはずです。

「こんなに努力した君が受からないはずはないよ」とノート達が語ってくれていますから。


齊藤塾の塾生達は塾のプリントをファイルしたり、箱に入れたりして保存しています。
このプリントの山を見たときに、誰にも負けないという自信が沸き起こってくるのです。日々の努力の積み重ねがプリントの山という見える形になっているのです。1枚1枚にドラマのあるプリント達。そして、自分自身の汗、手の跡、消しゴムの跡などなど。自分だけの宝物です。



前女合格体験記

期末テストで過去最高点の報告を受けました。

493点! (5教科合計)

これは凄い得点ですね。
アッパレです。

中2塾内テストの上位5名の偏差値も掲載しましょう。

1位 偏差値72
2位 偏差値70
3位 偏差値70
4位 偏差値66
5位 偏差値65

もうすぐ受験生ですね。
戦う準備が整いました!

さて、今日は・・・


前女の合格体験記を再掲します。

前橋女子高校合格体験記・・・・驚くほど点数が伸び、1ランク上の高校へ

「私は中学2年生から約2年間、齊藤塾でお世話になりました。集中できる環境の中で多くの類似問題を繰り返し解いていくことで、力を確実に身につけることができました。

入塾後からは、入塾前に比べて驚くほど点数が伸び、3年生になってからの実力テストでも毎月安定して点をとることができるようになったことが、1ランク上の高校を目指すきっかけとなりました。

入試を目前とした3年生の冬には、沢山の過去問を解くのと同時に、私が苦手としていた社会の記述問題を中心に解きました。しかし、実際に解いてみると、夏から約半年間、課題として重視してきたためか、思っていたよりも正答率が高く、夏から積み重ねてきた努力の成果が出ていることを実感しました。他の教科でも、自分が課題としていた分野や、重点的に勉強してきた所は、着実に解けるようになっていました。

これまで日々解いてきた大量のプリントや問題を解いたノート、そして時には苦しみを味わった学習の時間は私を勇気づけ、自信を持たせてくれた大切な宝物です。それに加えて、今回の合格には、日々共に切磋琢磨してきた仲間や日常生活において協力、サポートをしてくれた家族、そして今までご指導していただき、合格へと導いてくださった齊藤先生の存在が必要不可欠でした。本当に感謝しています。ありがとうございました」


日々塾で反復演習したプリントの山が自信となり、受験に臨むときの支えになりますね。

毎日の学習の積み重ね。
これが合格への唯一の道です。

高女合格体験記、私立高校S合格も!

本日は私立高校特待S合格の報告を受けました。
Ⅱ期試験での特待Sへの昇格。
アッパレです!
努力の人は結果を出しますね。


それと、

入塾面接のご予約を頂きました。
ありがとうございます。

さて、今日は


 高女の合格体験記を再掲します。



高崎女子高校合格体験記・・・集中できる環境 共に頑張る仲間 3年間主要教科オール5

「膨大な量のプリント、たくさんチェックの入ったワーク、集中できる環境、そして先生からの指導。私が今こうして高女への進学を手に入れることができたのはこれらがあったからだと思います。

私は小学校6年生の冬から齊藤塾に通い始めました。はじめのうちは出されたプリントをやりこなすだけで精一杯でした。しかし、中学生になり、期末テストや実力テストが定期的に行われることで規定時間外の自習をしたり、塾でもらったプリントを解き直したりするようになりました。自分の予定に合わせて通塾することができるので、十分な勉強時間を確保できました。おかげで3年間主要教科でオール5を取ることができました。

私の受験勉強において大きな支えとなったのが塾内の同級生です。同じ空間で共に高い目標に向かって勉強する雰囲気は、齊藤塾でしか体験することができないものでした。仲間が頑張っている姿に刺激を受け、私も頑張ろうと思えました。今年は例年よりも倍率が高いということがあり、試験前に大きな不安に襲われることもありました。しかし、山のように積み上げられたプリントを見て、自分に自信を持つことができました。また、試験前に塾長から頂いた言葉も私に自信をつけてくれました。だから試験本番には倍率を恐れずに挑むことができました。

齊藤塾に通っていたからこそ、勉強に対する意識を強くもてたり、自分なりの学習方法を確立したりすることができました。6年生の冬に齊藤塾に入塾しようと決心していなかったら高女に合格することはできなかったし、努力することの素晴らしさを味わえていなかったと思います。手厚いご指導をしてくださった塾長や支えてくれた家族に感謝し、高女での3年間を有意義に過ごして大学進学に向けて一層努力していきたいと思います」



共にトップ校を目指す仲間どうし切磋琢磨することで、お互いを高め合えました。
仲間が自分自身と戦う姿。
その姿からエネルギーをもらって自分も妥協せずに取り組む。
そして、その姿が今度は仲間に良い刺激を与える。

学習環境は人を変え、将来を決める。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント