FC2ブログ

前橋高校合格体験記・・・・2019年

今年、見事に前橋高校に合格したK君の合格体験記です。



*「嫌悪感」から「喜び」へ*

「私は、中学二年生の六月の時に齊藤塾に入塾しました。もともと、中学生になったころから塾は嫌いでした。なんで、自分の時間を勉強に費やさなければならないのだろうと思っていました。入塾時は、勉強への嫌悪感が強かったこともよく覚えています。

しかし、長時間の学習は辛くて苦しかったものの成績が伸びると勉強が楽しくなってきました。また塾へ通うことも苦ではなくなり、いつしか塾へ行きたいと思う気持ちが強くなりました。そして今では塾へ行き、勉強することが喜びとなっています。このように、勉強への気持ちが自分の中で変化したのは齊藤先生のおかげであったと感謝しています。

私は、入塾当時「勉強の仕方」にこだわっていました。入塾する前までは、勉強は何をするべきなのか全くわからなかったのです。そこで勉強というものを一から教えてくださったのも齊藤先生でした。勉強は、学習を理解すること。勉強方法は人それぞれであり、自分の理解度を最高にできる方法こそが自分にとって真の勉強方法であるのだと知りました。そして、私は間違った問題を繰り返し解くようにしました。間違いを理解し、その問題を解けるようになることが勉強の上達への近道だと思います。

私は、この受験勉強で自分の勉強への意思をより良いものにできたと思います。前橋高校に合格できたことは私の宝物です。その宝物は、齊藤先生や両親、そして兄弟がくれたものです。私は、齊藤先生に出会えたことを嬉しく思います。」



長時間自分自身と格闘することで自分なりの学習方法が見えてくるのですね。
塾というもののイメージ、勉強に対する捉え方。
これらも、本気で自分と向き合うことで全く変わったものになってきます。
時間をかけて一つ一つ獲得したものは、一生の宝となります。

高崎高校合格体験記 2019年

今日は高評価の通知表の報告がありました。

2名。

内容も同じ。

9教科全て5です。
つまり、完璧通知表報告2名!

素晴らしい!!

さて、今日は今年高崎高校に合格したK君の合格体験記です。

*「できる」 「解ける」という確かな手応えを持てた*

「僕は齊藤塾に入り、本格的に受験勉強を開始して、自分の学習方法を根本的に見直すことができました。
 塾に入る前は、実力テスト等でそこそこの成績でしたが、点数に波があり上下の変動が激しく志望校の合格には程遠い点数を取ってしまうこともありました。

トップ校に合格できる学力を身に付けたくて入塾しましたが、入った頃は今までと生活習慣が変わってとても大変でした。しかし、塾長の指導の下プリント演習を中心とした学習を徹底的に行い、大量の問題を解いているうちに、その問題を解いたことがあるのかないのかを見分け、既知の問題なら頭の中に入っている解法ですらすらと解き、未知の問題なら解き方を考え、その解法を頭に素早くインプットする作業を意識せずに行えるようになりました。それは当たり前のことかもしれませんが、「できる」 「解ける」という確かな手応えを持てるようになりました。

また、塾で平日は放課後三時間、休日は朝八時から夜九時までという生活を続けているうちに「勉強する」ということが習慣となり、苦手だった家庭学習も自然と進んでできるようになりました。気が付けば以前より格段に効率よく勉強をする力が身に付いていました。

塾での学習は楽なものではありませんでしたが、努力した分だけ結果として表れるので、勉強に対して大変意欲的に取り組むことができました。塾長からいただいた的確なご指導、ご助言により、自分が望んでいた高く安定した学力を手にすることができました。齊藤塾で学んだことを高校での学習に、またその先の自分の人生に役立てていきたいです。」


入塾することで生活は大きく変わります。
入塾するには覚悟が要る。そんな塾です。
トップ校合格を手にしたい人はその覚悟ができるんですね。

どうしても合格したい、という本気度があるのか、無いのか。
自問して欲しいと思います。

前橋高校合格体験記


今日は前橋高校の合格体験記です。



「齊藤塾で勉強した期間は、私にとってとても大切なものだったと感じます。
齊藤塾に通う前は、さまざまなテストで400点を超えることがなかなかできずにおり、進路にとても悩んでいました。しかし、齊藤塾の豊富な問題量と反復学習のおかげで、だんだんと400点以上を安定してとれるようになっていきました。また、通って初めての頃は、自分の生活が大きく変わり、慣れるまでは大変だなと感じることもありましたが、慣れればそこまで大変だと感じることもなくなりました。
齊藤塾に通う前は、自分で勉強することがあまり得意ではありませんでした。しかし、塾での豊富な問題量のおかげで、問題を解いている時に「ああ自分はココができないんだ」と苦手なところを見つけることができました。家ではその見つけた苦手なところに積極的にとりくむようにしました。そうすると、ただやみくもに勉強するよりも、広い範囲を勉強でき、自分の苦手なところを減らすことができました。
自分はこのような勉強の仕方をしましたが、大切なのは自分にあったやり方を見つけることだと思います」


齊藤塾からの合格者達が異口同音に言っていること。

学習量が多く、時間も長くて慣れるまで大変だった。でも、慣れれば大したことなくなった。
成績がとても伸びた。
苦手なところを見つけられて、家での学習方法が変わった。

人が「変わる」ということはこういうことなんです。
「一瞬で変われる」なんて嘘です!
毎日毎日、気の遠くなる程の期間継続する。
それが本当の努力というものです。努力とは「今日もその小さなことを継続すること」です。

そして、

いつの間にか昔の自分とは違う自分になっていることに気づく。
長期間かけてゆっくりと変わった自分は、もう後戻りはしません。
だって、変わった後の自分が本当の自分なのですから。

私は強制するのもされるのも嫌いです。

長時間学習と個々の演習問題は私が指示しますが、あまり細かいところまでは強制しません。
学習方法を細かく指示されると、各自にふさわしい学習方法を育てることができなくなります。
強制は自立とは逆です。自立していないと、最後に勝てない。
しかし、放任でもありません。一人一人が独自の学習方法を育て、結果に結びつくように各自の学習を見守ります。言われたことだけこなす人は成長できません。多少ぎこちなくても良いから、自分の足で立ってみることです。それが、生きている実感でもあるのです。

自由には自立が求められます。自分の足で立てるまでには、苦しみが伴います。自由の喜びを勝ち取るまでには、長い長い苦しみを乗り越えねばなりません。

前高、高高への道

本日1名、入塾面接のご予約を頂きました。
有難うございます。
そういう時期になってきましたが、定員になり次第締め切ります。


さて、今日も確認。


前高、高高に合格する生徒には特徴的な習慣がある。

それは、日々の中学校の学習を大切にしているということだ。

つまり、その日に学習したことをその日のうちに自分のものにしているということだ。
彼等には、「普通」のことを毎日毎日サボることなく続ける「習慣力」がある。普通のことを徹底的に極めること。当たりまえのことを今日も積み重ねること。今日、中学校で習ったことを今日中に復習して到達しておくこと。「いつか、そのうちにまとめて復習しよう」などと少しも考えないこと。彼等はその「いつか」が永遠にやってこないことが体で分かっているのだ。

だから、強い。

これは、昔から誰でも知っている「学習の王道」だ。
普通のことを毎日続けることは普通の生徒にはできない。だから、彼等だけ前高、高高に受かる。

「学習の王道」を習慣にしてしまっている人は強い。この毎日の積み重ねを苦もなく続けている人には、後からどんなに努力しても誰も追いつけるはずがない。

この塾に入れば前高、高高に受かる。
この××学習法でトレーニングすれば必ず前高、高高に受かる。
このプリントは○○先生が開発した秘密のプリントだから必ず成績が上がり前高、高高に受かる。

ちまたにはこのような情報が溢れている。
一言で言えば「楽な道があるのですよ」という誘惑。

大人も同じ。
これを飲めば「必ず痩せる」。
この株を買えば「必ず儲かる」。
この薬なら「必ずこの病気が治る」。
どこかに楽な道があり、要領の良い人はそれを知っているのではないか、という不安を煽る誘惑。

そんな情報に振り回されてお金を無駄にする人の如何に多いことか。
その情報に振り回されて「楽な道はやっぱりなかった」と気づくまでに無駄に時間を費やす人の如何に多いことか。無駄に費やした時間は二度と戻らない。楽な道を求めた結果、二度と戻らない時間を失う。

前高、高高に合格する生徒は遠回りを絶対にしない。今日の学習内容を今日中に身につけ、明日も身につけ、明後日も身につけ、という毎日を積み重ねている。決して時間を無駄に使っていない。だから、彼等はスポーツもできる。
××学習法などには見向きもせずに、学校の授業をよく聞き、ノートをきちんととり、復習し、問題を大量に解いている。彼等はそれが一番のちかみちだということを体で知っている。だから、強い。
毎日毎日この積み重ねをしている人に、後から××学習法で短期間に追いつくことは絶対に不可能だ。

中学校の先生が今日教えてくれたことを今日中に徹底的に自分のものにすること。
それが前高、高高合格へのちかみちだ。そして唯一の道だ。

齊藤塾では今日、君が中学校で習ったことを大切にしている。今日の君がすべきことを最優先にして指導している。

それが前高、高高合格への唯一の道だということを私が知っているから。

高崎高校前期入試について

高崎高校の前期入試の配点

調査書 150点 

主要5教科の評定合計の3年分×2 :例えば3年間オール5ならば5×5教科×3年分×2=150)高崎高校を志望するような生徒はほとんど150点でしょうから、あまり差がつかないと思われますね。

総合問題 120点

去年からやや易化へ。といっても相変わらず手ごわい問題です。高崎高校のレベルの高さを見せつける問題ではなくて、常識を問う問題にしたいとの意図があります。一見何とかなりそうで解いてみると厄介だったりする問題。

面接 30点

以前の15点から「配点倍増」とみるか、それでもまだ30点とみるか分かれるところでしょうね。実際は面接でも「差がつく」というのが事実。面接練習を重ねて「用意しておいた解答」を吐き出すような受け答えはマイナスにしかなりません。面接官も意表を突くような質問をして、その受験生の本来の部分を見たいようです。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント