FC2ブログ

国立大学合格

齊藤塾から、国立大学2校合格!

茨城大学理学部(数学科) 1名合格

信州大学繊維学部 1名合格

2人とも受験した大学のほとんど合格。

受かる人は次々と受かる。

努力の人は受かる。

コロナウィルス対策

ここ1~2週間が感染拡大防止の正念場だそうです。

齊藤塾では既にマスク着用の推進、ドアノブ等の殺菌を実施しています。

明日からは、座席間の間隔を空けます。

また、1教室に塾生が集中しないように、複数教室の利用も検討いたします。

これから入試、期末テスト、卒業式等々濃厚接触の機会が増えまずが、極力感染防止に努めたいものです。

熊出没

昨日は近所で熊の出没情報あり。
そいう時期になりましたね。
通学路に熊も猿も出没する土地です。

齊藤塾の裏庭の池ではギンヤンマが羽化していました。
そんな季節ですね。

山藤も満開。

さて、今日は丸暗記と創造性についての私見をもう一度。



何かを丸暗記すべき時には、ストーリーで覚えたり、何かのイメージを作り上げて結びつけて覚えたりします。

この時の脳の働きは人が想像力を働かせる時と同じではないかと思うのです。

一見対極にあるように思える丸暗記と創造性。
結構距離が近いのではないでしょうか。

教育に携わる人の多くが創造性という言葉を安易に使い過ぎます。
何の定義もせずに何となく「創造的」「創造力」という言葉も使っている。

よく、

「創造力豊かな作品に仕上がった」
「授業は創造的であるべきだ」
「彼のように創造性豊かな仕事をしよう」

など、良く聞かれます。
正論なので反論する人はいない。
でも、雰囲気だけ。

じゃあ、この場合の「創造」ってどういう意味かと問われて答えられるのでしょうか。

私には、結果を見てからそれを評価しているだけに思えます。
成功者が結果を出したのを見てから「何故成功したかというと、ここで創造性を発揮して・・」などと。
創造的なのは結果。

何かを創造するのは産みの苦しみ。
丸暗記も同様に苦しい。

水蒸気爆発

昨日の噴火は水蒸気爆発の可能性が高いようですね。

徐々に収まってくれることを期待しています。
スキー場も一部再開したようです。

勿論、自然が相手のこと。
予測は不可能です。

が、今までの例から行くと、水蒸気爆発の山時間ととともに収束してゆくようです。

今日は草津地区の塾生も通常通り通塾してきました。
ホッとしています。

「普通の生活」の有難みを噛み締めています。


三毛猫、手術へ

あの大雪に日に我が家の家族になった三毛猫のその後です。

手術を受けることになりました。
今日診察してもらった結果、どうもウンチが出にくい状態だと。
骨盤も歪んでいて、その矯正も必要だとのことです。

便秘も歪んだ骨盤が原因かもしれません。

猫では良くあることだとか。

当初、足を引きずっていたので、我が家に来る前に交通事故にでも遭ったのかもしれません。
その時に骨盤も痛んだか。

猫も大変ですね。
生きてゆかねばなりません。

最近、どうも元気がなかったのです。
春先にはトカゲや野ネズミを取ってきて見せてくれたのですが。


我が家に来てから二度目の手術となりました。

三毛猫は「大人」ですね。
何事にも動じない。

頑張ってくれることでしょう。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント