『走れメロス』

中2生は『走れメロス』の学習が終わったか、終わりそうか。
そんな時期かと思います。

光村図書だけではなくて東京書籍でも『走れメロス』を扱っていたよな、と思ってちょっとチェックしてみてビックリ。
何と、国語教科書の出版社5社中4社で扱っていました。

『走れメロス』を扱っていない1社は、代わりに夏目漱石の『坊ちゃん』を扱っています。

それにしても国民の大半が学習したことのある小説。
しかも、中2のほぼ同時期に学習している。
恐らく30年くらいは多くの出版社で扱い続けている。
ということは、今日本で生きている人の9割以上が学習した教材。
しかも古典ではない。

そんな教材は他にありません。

ある意味、国民的小説。

芥川賞が欲しくて欲しくて、結局受賞に至らなかった太宰治。
歴代の芥川賞受賞者以上に評価されています。

その『走れメロス』。

ストーリー自体は複雑ではないし、その展開もある程度予想されるものなのに、評価が高い。
読み返してみると、登場人物の心の動き、葛藤の描写が丁寧かつ簡潔。
つまり、必要十分なのですね。
必要かつ十分な短いセンテンスで畳みかけて次へ次へと展開が進む。

音読しながら鳥肌が立つ小説ってそうそうありません。
最初から音読を想定して書かれた小説ですね。

何年経っても、中2の教材から『走れメロス』だけは残り続ける。
うなずけます。

『斜陽』もまた太宰治の代表作。
雰囲気のあまりの違いに驚かされます。

『坊ちゃん』も『こころ』も夏目漱石の代表作。
この二つも流れている空気感が全く異なる。

プロの仕事はこういうものなのですね。

松任谷由実さんの曲は誰か聞いても「ユーミン調」です。
どの曲もユーミンらしい曲なのにどれ一つとして似ていない。

そういえばビートルズの曲もそう。

どれも名曲でビートルズならではの曲。

聴いた瞬間にビートルズって分かる。
それなのにどれ一つとして似ていない。

プロは仕事として「作ることができる」人達なのでしょう。



さて、中央中等入試はまあ予想通りの内容でしたね。
十分にトレーニングを積んだ受験生にとっては戸惑う内容ではなかったでしょう。
あまり、差がつかないかな。

ガチンコ

「ガチやべえ!」みたいな言い回し。

若者を中心に普通に使われていますよね。

ガチンコ相撲。

今日で優勝者が決まったようです。
私は最近ちゃんと相撲を見ていないので、力士の名前もほとんど知りません。

そんな私ですが、今の相撲は見る価値があると思っています。
不祥事続き。
雑誌やワイドナショーにネタの提供ばかりしている印象を持ってしまいますが。

家族が見ているテレビをちょっと覗いている程度ですが、私は「今の相撲はオモシロイ」と感じています。

それは、ガチンコだから。

「星のやり取り」等の話題もチラチラ出てきていますが、まあそれは一部でしょう。

大半がガチンコ相撲。

あの狭い土俵の上で大男が裸で「ガチ」で「マジで」ぶつかりあう。
一つのミスが勝負の分かれ目になる。
だから、一瞬でも目が離せない。

昔に比べても明らかにレベルは上がっていると思います。

「一瞬で勝負が決まる格闘技」

今の相撲を評価する私の言葉です。

だから、怪我もしますよ。
上位力士の休場も許してやって欲しいのです。

大男たちの真剣勝負。
一瞬で勝負が決まる緊張感。
観ている人の心を動かさないはずがありません。

またも「想定外」

またも「想定外」のことが起きました。

本白根山が噴火。

湯釜のある白根山の方は観測体制が整っていたようですが、本白根山は「ノーマーク」だったとか。

今回このノーマーク方の山が噴火。

1名の方が亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

そして、多数の負傷者。

重篤な方もいらっしゃるとのこと。

ご回復を心から祈っています。

各地から救急車の応援も要請したようです。

齊藤塾前の国道を何台も通って行きました。

ヘリコプターも多数飛んで行きましたね。

草津町から通塾してくれている塾生も多い齊藤塾。

できるだけ早く安全な山に戻って欲しいと願わずにはいられません。

災害は想定外の所で起きる。

肝に銘じます。

人は自らの失敗については語らない

普通、

人は自らの失敗については滅多に語らない。

その失敗を覆い隠して余りあるほどの成功を成し遂げた時にだけ、少し語ってくれる。

だから、

失敗は、

自らするしかないのです。

「負けに不思議の負けなし」ですよね。

さて、

今日は雪でしたね。
4年前のあの大雪に比べたらへっちゃらですが。

そう言えばこのブログもあの大雪の日に始めたのです。
重すぎる腰を上げて始めたこのブログももうすぐ4年です。


「超二流」

亡くなった星野仙一さんは「超二流」という言葉を使っていたとか。

二流の人は二流を自覚し、自らを切磋琢磨することを怠らない。

実際、感覚やひらめきで勝負して来る人は恐くない。
一方、ジワリジワリと日々少しずつ前進して来る人ほど恐いものはない。

相手はその存在、立ち位置が気になって仕方ない。
常に進歩しているのだから。

「超二流」には「天才」も「怪物」も適わない。
そう思います。


勇気をもらいました。


ご冥福をお祈り致します。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント