FC2ブログ

名著を求めるよりも・・・

ある受験生。

名著と評判の参考書を求めて、地元の書店へと出かけた。
入試傾向を踏まえ、テクニックを網羅し、且つコンパクトにまとめてある受験生にとってバイブルのような参考書。
毎年のように改訂が繰り返され、常に内容が更新されているというクオリティの高い参考書。

しかし、名著は売り切れていた。
既に秋になっていたのだ。

当時、注文しても最低でも2週間は待たねばならず、それだけ待っても確実に入手できるとは限らなかった。

元より参考書情報に詳しくなかった彼は入手を簡単に諦めた。
代わりに、大量に売れ残っているどこにでもある参考書を購入して帰った。

誰でも知っている大手出版社発行の「標準的過ぎる」参考書。

参考書などに迷っている時間はなかったのだ。

その日から、彼は、

「標準的過ぎる」参考書を盲目的に1問1問と解いていった。
受験情報に詳しくないので、信じるしかなかったのだ。
目の前にある参考書にすがりつくしか。

1周、2周、3周・・・。

他の参考書には目もくれず。
そのかわり、その参考書については暗唱できるくらいに「すがった」。

結果。

入試ではなんと95%の得点率となった。
勿論合格。

理想的な入試対策を実践したのだから当然の結果とも言えるが。



あの時、お目当ての名著が入手できていたらどうなっていたろう。


名著も求めるよりも大切なことがあったようだ。

1冊をキチンと仕上げること。
反復して自らの血肉とすること。
考えなくても手が動くレベルにまで到達しておくこと。

目移りせずにこれらを実行するには、相当な覚悟が要ります。
本当に頭が良いってそういうこと。

教科書の範囲って?

いつもの教科書の話の確認です。



学習の幅を広げることも、自立型学習塾の役目だと自負しています。

導入部分は極力学校に任せて塾では演習時間を多くとる。
さらに、教科書の範囲を逸脱してはいないのだが、初見では戸惑うような問題の演習量を増やす。
そんなことに気を配りながら日々の指導に当たっています。

あくまでも、入試問題を意識しながらの指導です。余談や雑談をしてしまっては時間がもったいないと思っています。受験生は1点差や2点差で人生が変わるかもしれないのですから。

入試の枠内でありながら、幅を十分に広げておく。

一見、これは矛盾のように思われるかもしれません。しかし、それくらい「教科書の範囲」というものは幅が広いものなのですね。

入試が終わった後で、大手塾の先生方の多くが「教科書レベルの良問」というコメントをされますよね。
あれは嘘ではないのです。私達の目から見れば教科書の範囲内です。当たり前ですね。
出題範囲はあくまでも教科書の範囲内と決まっているのですから。

ところが、実際に受験した生徒の感想としては「どうしてあれが教科書レベルなの?」となるのです。

教科書を何度も何度も読み返しただけでは解けない問題も多いのです。
もちろん、教科書を熟読するのは最低条件なのですが。

教科書の範囲を逸脱しない良問。
手ごたえ十分な教科書レベル問題。
これらの演習量の差がトップ校受験での合否の分かれ目になります。

教科書と入試問題のギャップ。

このギャップを埋めるのが齊藤塾のような自立型学習塾の仕事なのです。

本当の教科書レベルってこんなに深い。
本当の教科書レベルってこんなに広い。

これを体感させるのが自立型学習塾の仕事なのです。

さて、

今年の合格体験記が集まりつつあります。
徐々にこのブログに載せますね。

まだ、後期試験の発表前ですが。

無知

無知の知から学習に入れる人は強い。

自分は何も知らない。
そのことを素直に受け入れてスタートできる人。

スタート時点でしっかりと地に足がついている。
そんな感じ。
自分は何が分かっていて、何を知らないのか。
その仕分けがきちんとできている。

だから、

知らないこと、分からないことを分かろうとする姿勢。
その構えが素直にできる。

学べない人はここが甘い。
知っているような知らないような。

質問されても答えが曖昧。自問しても思考が曖昧。
ことごとく曖昧。
まあ、分かっちゃいない。
だから適当にやっちゃう。
「エイヤアッ!」って。

学習者の姿勢からは程遠い。

こういう人って意外と多いのですね。

無知の知から出発できる人はだから強い。
それだけで頭一つ出てしまう。


さて、公立高校後期試験1日目が終わりました。
今日も明日の為に学習に来た塾生あり。
塾の教室では集中できるんですね。

新型コロナウイルス対策の為、明日からは完全休塾となります。

それから、本日1名覚悟の入塾、でした。

宙ぶらりん

すっきりしない、何だか宙ぶらりんの感覚。
学習者はこの感覚に耐えられるか否かが大切です。
分かったような分からないような感覚。
「どうして、ここがこんなことになってるんだよう」という感じ。
それにどれくらい耐えられるか。
そして、そこを突破する努力を惜しまないこと。

すっきりしない感じを乗り換えた先には、爽やかな世界が待っていることを知っている人になって欲しいものです。

すっきりしない感覚を知っているからこそ、分かったとき、できるようになったときの爽やかさは格別なのです。

大切なことなので再掲しますよ

もうすぐ公立高校後期試験ですね。

前高、前女、高高、高女受験生でも試験中に周りの受験生が気になる人がいるかと思います。

つまり、「隣りの子はもう2枚目の問題に入ったの?早いなあ。」とか、「どうしてあいつは鉛筆が動き続けるんだよう。ボクなんてずっと考えているのに。」などと余計なことばかり考えてしまい、肝心の試験問題の方に集中できない人のことです。入試は時間との勝負、集中した人の勝ちです。試験時間中に邪念が入ったら負けです。でも、予想以上に緊張していつもとは違う精神状態になる危険性もありますよね。

そんな君に,自分のペースで問題を解くためのテクニックを伝授しましょう。

周りの子の進行状況が気になる人は、1番の問題からは解かないことをお勧めします。例えば3番、2番、1番の順で解く、とか大問2(例えば2ページ目)から解くのです。そうすれば同じ時間帯には隣の人は別の問題を解いているはずですから、気になって自分のペースを乱されることはなくなります。実際にやってみると、隣の人が全く別の作業をやっているような感覚になります。

時間配分に失敗したことのある人は次の方法が有効です。それは、試験開始と同時にすぐに問題を解き始めずに、解く予定の問題順にその問題を解き終わる予定時刻を問題の横に大まかに書き込んでおくのです。そうすることで、一つの難しい問題を考え過ぎて他の易しい問題を慌てて解いて失敗するということが避けられます。出題者が意図的に途中に難問をちりばめておき、受験生のペースを乱すような問題配列にしてあることが時々あります。難問を軽く飛ばして、自分に解ける問題で最大限に得点するためにも、この方法はお勧めです。

それと、休み時間に廊下などで、他校の生徒の会話は聞かないように。
「やったー!予想以上に簡単だったねー。」「3番の答えは(ア)だよねえ。君もそうなの!オッケー!握手ぅ!」みたいな会話はどうしても気になります。「え?私には簡単じゃなかったのに。」とか「え?3番は(イ)って書いちゃったよう。もうダメだ。」などと考えてしまって次の教科の試験を平常心で迎えられません。実は彼等の廊下での会話は彼等の戦略なのです。都市部の子が良くやる手なのですが、無意味にそのような会話をして他校の生徒のペースを乱してやろうと意図的にやっていることなのです。吾妻の純粋な水と空気で育った君達はまだそのようなスレた子達への対応を知りません。だから、無視しましょう。耳に入ったら「あー、やってるやってるぅ。スレた奴らの戦略だぁ。」と下を向いて笑いましょう。

参考になりましたか。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント