FC2ブログ

伸びしろ

東大生の半分は「パートタイム学生」?
入学時点での学力は東大生とオックスフォード大の学生とではさほど差が無い。

しかし、オックスフォード大学の学生は1日8時間の学習が期待されている。
チュートリアルという毎週の「個別指導」準備のための学習量がハンパではない。
毎週、何冊もの文献を読んで備え、さらにはレポート提出まで義務付けられる。
これではアルバイトなどやっている余裕はない。
「フルタイムの学生」と呼ばれる所以である。

一方、東大生の約半数はアルバイトをやっているという。
日本の大学は講義中心だからだ。

入学後の「伸びしろ」が大きいのはどちらか。
言うまでもないだろう。

大量に読み、大量に書く。
そして徹底的に議論する。
本来、大学とはそのような場であるべきだろう。

「知的格闘」のない大学にその存在価値などない。

まずは「普通」から

自己実現もよいでしょう。

自分探しもよいでしょう。

でもね、

その前にすべきことがあるのです。

オンリーワンを目指す前にすべきこと。

それは、

まずは、この社会に受け入れてもらえるだけのクオリティーに達すること。

それって、簡単なことではありませんよ。

私がいつも言っていることですが。

普通って大変。

普通って凄い。

普通って力強い。

県内上位者になった塾生達も「普通を極めた人達」です。

夢の学習法

夢のような学習法が巷に溢れています。

「今までになかった全く新しい〇〇学習法」
「英語学習には〇〇するだけで良かった」
「〇〇大学教授も絶賛、〇〇メソッド」
「もう学習法で苦しむのはやめよう。こんなに簡単、〇〇学習法」

などなど。

夢のような学習法があれば、皆殺到しているはすです。
誰も試したことのない学習法がまだどこかに残っているはずはありません。
「新しい=画期的」ということはありません。

私達には遠回りしている時間もエネルギーもないはず。
無駄足を踏んで「周回遅れ」になりたくはありませんよね。

要は「やるかやらないか」だけです。

勉強しかできない場所と時間を確保して、自分自身を放り込むこと。

それだけ、です。

チャンスを奪ってないだろうか

親たちは子ともの振る舞いに一つ一つチェックを入れ、口を出し、うるさがられている。
「だって、言わないではいられない」のだそうだ。
「言わなかったらもっとひどいことになるのです。私が注意しているからなんとかこの程度で済んでいるのです」と。

言われたらやるのだろうか。

やるかもしれない。でも、それは「言われたから」だ。
自分からではない。

いつの間にか、言われないと行動できない人を作っている危険性はないのだろうか。
言わないと行動しないから言う、それで行動することは、言われたから行動することになってしまう。
自主的行動ではない。
言われた瞬間に、自主的に行動をするチャンスを奪ってしまっている。

動くと見える

図形の証明問題では、一本の補助線を引くことで、図形の見え方が全く変わることがある。補助線にはお決まりのものもあるが、多くはひらめきによるものだろう。ひらめきは、試行錯誤を繰り返せる人だけに身についてくるものだ。沢山の経験を積んだ人ほど、良いひらめきがやってくる。沢山の失敗をした人ほど、良い補助線が引ける。

「経験ってどうやったら積めるのですか」
とか、
「失敗を沢山するにはどうしたらよいのですが」
などと聞いてくる人は、全てのことに正しい道がある、という固定観念にとらわれている人だろう。

とにかくやってみる。それだけだ。

一つ動いてみる。それだけで「見え方」が全く変わってくる問題は沢山ある。
数学の問題に限らない。様々な「問題と呼べるもの」全てに当てはまることだ。

動かない人に限って、正しい動き方があるという固定観念に縛られている。
とにかく動いてみること。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント