FC2ブログ

忘れる動物だから

人間は忘れる動物。


そうは言っても、

学習する身としては学習内容についてはどうしても忘れるわけには行きません。
反復lによって記憶は定着するわけですが、あまり間を置かずに反復することで、忘れる暇がなくなる。
何度か繰り返すことで、自分自身の「常識」として定着する。
そんな感じなんですね。

毎日やっていることは忘れない。
まあ当然です。

はずみ車のように反復を繰り返していると、周りに敵はいなくなる。
この感覚を一度味わうと「勝つコツ」が分かってきますね。


4連休2日目。

受験生達は今日も戦って帰りました。

教科書の範囲内とは・・・

入試が終わった後で、大手塾の先生方の多くが「教科書レベルの良問」というコメントをされますよね。
あれは嘘ではないのです。私達の目から見れば教科書の範囲内です。当たり前ですね。
出題範囲はあくまでも教科書の範囲内と決まっているのですから。

ところが、実際に受験した生徒の感想としては「どうしてあれが教科書レベルなの?」となるのです


教科書を何度も何度も読み返しただけでは解けない問題も多いのです。
もちろん、教科書を熟読するのは最低条件なのですが。

教科書の範囲を逸脱しない良問。
手ごたえ十分な教科書レベル問題。
これらの演習量の差がトップ校受験での合否の分かれ目になります。

教科書と入試問題のギャップ。

このギャップを埋めるのが齊藤塾のような自立型学習塾の仕事なのです。

本当の教科書レベルってこんなに深い。
本当の教科書レベルってこんなに広い。

これを体感させるのが自立型学習塾の仕事なのです。



・・・

東大の入試問題は高校の教科書を超えていない。
よく、言われる話ですね。

見える世界

初めて見る世界
「1番でなければダメなんですか」という言葉が話題になったことがあります。

「ダメ」ということはないのでしょうが。

言えること。

それは1番の人は3番の人の数倍の努力しているという事実。
そして、1番の人は10番の人の数十倍の努力をしているということ。

1番という結果はその努力の証なのです。

一流のスポーツ選手なら皆知っている。
「頂点」に立たないと見えない世界がある。
金メダルを首にかけないと、感じられないものがある。
それを見たいし感じたい。

そういうことなんです。

齊藤塾の塾生達も見て感じたものがあると信じます。



というわけで、

今日は中学生から、実力テストで
 学年6位と8位(5教科合計)との報告を受けました。

高校生の塾生からは、
 英語で学年2位の報告。

先日、ある高校生は総合得点で学年2位の報告をしてくれました。

描ける人の強み

今日も以下の報告がありました。

完璧通知表。
実力テスト9割得点、学年5位。

努力の人は結果を出しますね。


さて、

手を使いましょう、という話。


どんな教科の学習においても手を使って図を描くと思考は必ず前に進みます。数学などはもちろんのことですが、他の教科でも同じ。数字や文字だけを追いかけていてもなかなか前に進みません。「手を動かしてみる」ことで問題の見え方が変わってくるのです。「描いたつもり」ではダメです。実際に描いてみる。

そのような習慣のない塾生には、図を描いてみようというアドバイスしています。さて塾生はどんな図を描き始めるか。興味深いものです。

幼児期に手を使って沢山遊んだ人は、自然に絵が描けているような気がします。

あるべき学習目標設定


学習習慣のついた人は最強です。

学習の習慣をつけるコツは、最初のハードルを低く設定すること。
ちょっと物足りないくらいのレベルと分量を「必ず続ける」ということが大切。
この方法だと、継続できなかった時に、自分に言い訳ができない。

だから継続できる。

継続それ自体を目的化すること。

中身を欲張らない。

継続できない人に限って「こんな少ない分量では物足りない」とか言うものだ。
一日分の分量が少なくても、積み重ねるととんでもない量になることを知らない人だ。

努力とは継続のこと。
継続とは今日もそれをすること。
これが習慣化した人は最強だ。

スタートラインでは継続それ自体を目的化すること。

齊藤塾のような塾を継続することは決して楽ではありませんが、習慣化したときの果実はあまりにも大きい。
塾生達はそのことを体で知っている。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント