FC2ブログ

想定内、想定外

本日、体験入学のご予約を頂きました。
ありがとうございます。
定員になり次第、締め切ります。

さて、


「必要なところ」だけ「最短距離で」鍛えたのでは貧弱な力しかつかない。
全く応用が利かない。
すぐに「想定外」などと言って逃げる人になる。
想定外のことに出くわすと、きょとんとして立ち尽くすだけの人になる。

低学年の頃から一つの競技に絞って鍛えた体は踏ん張りが利かない。

何でもやってみる。様々な体験をしてみる。
いろいろな物を見てみる。
野山を駆け巡り、靴を泥だらけにし、手足がかすり傷だらけになって鍛えられた体は踏ん張りが利く。

そして、

決して、想定外などとは言わない。
だって、野山は想定外のことだらけなのだから。
むしろ、想定外を楽しめるスタンスで生きているのだから。

未来のことはすべてが想定外。



今日も塾生から大学内定の連絡を受けました。
努力が実りました。
日頃から努力している人は、大学の方から求めてきますよね。
理想的です。お互いにとって幸せ。

さて、

前高、高高、前女、高女が東大や国立大医学部合格者数に拘る理由。
これらの高校は全県から優秀な生徒を集めたい。
その為には、これらの大学への合格実績を積み上げる必要がある。
それは分かるのですが、どうも他にも理由があるようです。
詳しくは、いつものこのサイトで。

「みんなの学校新聞」のサイトはこちら
「みんなの学校新聞」

なんだかネット広告のような誘導になりましたが、こういう情報って貴重だと思うのです。
公式情報と裏情報の中間くらいのもの。単なる噂に振り回されるのは御免ですよね。
そうかと言って、公式発表は必ずしも真実の姿を伝えているとは言い難い。

貴重な情報って、探せばある。
そう思って頂きたいものです。


さて、いきなりですが。
弔辞には名文が多い、とはよく言われること。
明日は私の記憶に残る弔辞について書こうかと思います。
というか、心に残る弔辞の場面かな。

今日は上のサイトをお読みください。

「根気」という言葉



「根気強く」続ける。

最近、あまり聞かなくなった言葉。

「根気」「我慢」「粘り強く」・・・・。

多くの日本人が美徳としてきたこれらの言葉はバブル期を境に聞く機会が減ったと思う。バブル期を知らない人々が沢山大人になっているというのに、日本人の失ったものの大きさたるや計り知れないものがある。

すぐに「キレる」人は我慢が足りないのだろう。いや、キレる直前までは我慢していた、と言われるとそれもそうだが。なかなか厄介だ。

根気や我慢は、小さなことを根気強くつづけたり、じっと我慢したりすることで少しずつ身につくものだと考える。部屋の温度はエアコンが調節してくれる。雨が降ったら、学校まで車で迎えに来てもらえる。ちょっと我慢してみても良いことでも、その必要がなくなってきている。小さなワガママの積み重ね。

小さなワガママも積み重ねると山になる。ちょっとやそっとでは動かせない大きな山に。
そして、もっと怖いこと。それは、その山の存在に気づかないこと。

言うまでもなく、これは大人の責任だ。子供は何も知らないで生まれ、与えられた環境で育つ。

人間は何とかなることは、やり過ごす。

「まあ良いか」って。

その積み重ねの怖さ。

学びも同じ。

「何故」という問いを発する癖を身につけることの大切さ。
「まあ良いか。そのまま覚えちゃおう」ではなくて。

期末テストが近い。今日も塾生は期末テスト対策に取り組んだ。



岩櫃山に飛行機雲がかかっていました。
絶好のシャッターチャンスだったのですが、私が近景に入れたいコスモスにたどり着くまでに、雲はだいぶ薄くなってしまいました。

今日は気持ち良い秋晴れでしたね。

今日は軽めに英語発音クイズです。
と言っても、比較的最近話題になった時事問題系の単語をカタカタで出題しましょう。

問題:日本人の耳に次のように聞こえる英単語を通常の日本語に直せ。

1.「ネイトウ」
2.「バイラス」
3.「ユークレイン」
4.「サイベリア」
5.「スウィードゥン」
6.「シェラレオーン」
7.「ライベリア」
8.「ギニー」

解答、解説
1.NATO 北大西洋条約機構です。日本語では「ナトー」ですよね。
2.ウイルス virus 言語によって w と v は近いのですね。w は v を二つ並べて作った文字です。昔、スウェーデンのあるテニス選手を皆が「ヴィランデル」と呼んでいたら、本当は「ウィランダー」でした。
3.ウクライナ Ukraine  まだしばらくはこの国名はニュースから消えないようです。紛争が早く収まって欲しいものです。
4.シベリア Siberia  ファミレスの名前と間違えそうです。でも、シベリアのことだと分からなかったら恥をかいちゃうかも。
5.スウェーデン Sweden これは簡単でしょうか。オリンピックでは良く耳にしますから。
6.シエラレオネ Sierra Leone 発音からいってフランスの旧植民地かと思いました。イギリスの旧植民地だったのですね。
7.リベリア Liberia アメリカの解放奴隷が作った国です。今から100年前の1914年にアフリカで独立していた国は、この国と南アフリカとエチオピアの3か国だけでした。国名に「自由」が刻み込まれているこの国は今深刻な状態です。
8.ギニア Guinea   guinea pig はモルモットのこと。日本ではなぜかテンジクネズミとも呼びます。テンジク(天竺)ってどこでしょうか(追加問題です。)

と言うわけで、最後の西アフリカの3か国は今この瞬間もエボラ出血熱で危機的状況になっています。この国の名前を耳にしなくても良いようになって欲しいものです。残念ながらラジオジャパンなどでもしばらくは耳にすることでしょう。
何とか収束させようと、日々戦っている医療関係者の方々の勇気ある行動には頭が下がります。彼等の戦いのおかげで世界的流行にならずに済んでいるのです。

水芭蕉の枯葉



水芭蕉の葉は枯れて茶色くなっています。奥の方に虫に喰われた大きな葉が残っていますが。
右に小さな池があるのですが、先日子供達が金魚すくいの参加賞(?)でもらってきた小さな金魚が数匹加わってだいぶ大所帯になりました。といっても、藻の影に隠れてほとんど見えません。酸素は十分に供給されていますね。

もう、夏も終わりですね。

近くの中学校では二学期が始まって一週間。
明日は早速体育祭です。

秋は祝日、振り替え休日などが沢山あります。上手に利用して通塾して欲しいと思います。

来春の高校入試について簡単に触れておきます。

吾妻、渋川地区は比較的競争率は低くなると思われます。
吾妻地区から通える高校で来春も倍率が高くなりそうなのは、高崎高校、高崎女子高校、高崎経済大学附属高校と高崎北高校ですね。これらの高校を受験予定の生徒は特に気を引きしめて学習して欲しいと思います。

前期試験で合格して早く楽になろう、などと決して考えないようにお願いしますよ。

前期試験は倍率も高いので合格はあまり期待できません。
あくまでも、後期試験一本に狙いを定めて長い戦いを勝ち抜きましょう。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント