FC2ブログ

代ゼミの単科

やはり、代ゼミのことは少しは書かないわけには行かないだろう。

代ゼミで働き、代ゼミで学んだ私としては、今回の代ゼミの業務大幅縮小のニュースを寂しい気持ちで聞いた。

以前から「講師の代ゼミ」とか「代ゼミの単科授業」という言葉は良く聞かれた。
その通りだと思う。

講師が自分の名前を冠する講座を持ち、その指導技術で勝負する「代ゼミの単科」は代ゼミという予備校を象徴する講座だと思う。代ゼミの良さはその自由度。授業を一コマ講師に任せて、「この枠内で自由に授業を組み立ててくれ。あなたの自由だ、細かい口出しは一切しない、その代りに生徒が集まらなかったら次回からの出講依頼はないかもしれませんよ。」という形。まあ、予備校サイドとしてはある意味丸投げ、生徒を集めれれば売り出せば良いし、ダメならもっとうまい人に差し替えるだけのこと。楽な経営ともいえた。

でも、別の観点ら言えば、勇気ある経営ともいえた。細かい口出しをしないで結果だけ求めさせる。そのことで講師が育つ。「任せて育てる」の典型。

勿論、講師としては自由度が高い分、自らの能力が試されるのだから真剣だし、これほどやりがいのある仕事もない。うまく行けばお金も稼げるし、自信にもつながる。一切授業内容には口出しされないのだから、力のある先生にとっては腕の見せ所となるのだ。

「代ゼミの単科」ではこれがうまく機能したと思う。代ゼミ側は講師が活躍する場と時間を確保してやる。講師は実際は期限付きの緊張感ある枠の中でその能力が試される。しかも数字で結果が出る。数字とはこの場合生徒数をだけをさす。何人の受講生を集めたか。それだけ。当時はアンケートも何もなかった。講師の評価は単純に集客能力で評価された。有名大学の先生も、有名私立高校の先生も、代ゼミを代表する専任講師も、駆け出しの講師も同列に「数字」だけで評価されていた。数字は残酷だ。毎年露骨に表れる結果に耐えられる講師だけが生き残ったともいえた。

ある意味、これほど「平等」な世界はないだろう。
だから代ゼミが好きだった。誰の目にも明らかな「数字」だけで評価される世界。日本社会特有のわけのわからないものの入り込む余地がなかった世界。

もう一つの平等。

それは「お金さえ払えば誰でも受講できること」だ。

勿論、有名講師の単科授業は受付開始直後に満席となるから、受付初日には早朝から並ばなくては取れない。逆にそれさえやれば「受けたい授業が必ず受けられる」のだ。
高校や大学のように入学試験があるわけではない。受講の為の学力基準があるわけでもない。早朝から並び、受講料を払えば受けたい人の授業を受けられる。これまた、究極の平等。だから、代ゼミが好きだった。(だから、私が齊藤塾に入塾基準を設けるにあたっては、相当悩んだ。)

高校でも大学でも、ある特定の講師の授業を受けたくて入学する生徒、学生は稀だろう。代ゼミの単科には、それがあった。「あなたの授業を受けたいのです」という生徒がお金を払ってやってくる。これほど、講師冥利に尽きる世界があるだろうか。

書いているうちに、つい熱くなってきてしまいました。昔のj記憶が蘇ってきてしまって。
後で、続きを書きますね。
私が今の仕事を選んだ「原点」ともいえる部分なのです。
(今回取り上げた内容は大昔の代ゼミのことです。)

今日は小学生の体験、見学を頂きました。実質的には入塾面談でしたね。
大きな夢がある生徒です。

来月からワクワクすることが、また一つ増えました。

コメントの投稿

非公開コメント

私が通った校舎も閉鎖になるとのことで、寂しく思っておりました。人気講師の教壇はお供え物?が山のようになっており、教室がギューギューだったのが懐かしいです。時代は変わったのですね。我が子の大学受験では驚くことがいっぱいありそうです・・・

コメント有難うございます。

> 私が通った校舎も閉鎖になるとのことで、寂しく思っておりました。人気講師の教壇はお供え物?が山のようになっており、教室がギューギューだったのが懐かしいです。時代は変わったのですね。我が子の大学受験では驚くことがいっぱいありそうです・・・

shibainu様

コメント有難うございます。そうでしたね。人気講師の教壇はプレゼントの山でした。あの満杯の教室で学び、大学生になり、社会人になって現在活躍されている多くの方々が寂しく思われていることでしょうね。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント