論理的言語

ノーベル賞を取ったある学者が、アジアの中では何故日本人のノーベル賞受賞者が多いのかと問われた。

彼の答えは、

「日本語の教科書を使い、日本語で学んでいるからではないか」

だった。

私達日本人の大半は、日本語の凄さに気づいていないのかもしれない。
日本語は論理を扱うのに優れているようだ。
学問を高度なレベルにまで探求するのにも向いているようだ。

日本の科学技術が進歩したのは、日本人が日本語を使えたからだ、と主張している書物もある。

「日本語は英語と違って論理的ではない。曖昧な表現の多い言語だ」
そんな話を、私は何度も聞かされてきた。

どうもそれは事実とは異なるようだ。

グローバル社会になり、英語の重要性は日々増している。
それは誰もが認めることだ。

では、そんな中での日本人の「強み」は?

ある学者は「日本人の強みは日本語が普通に使えること」と答えた。

私達の多くは、この国に生まれてこの国の言葉が使えることのメリットに気づいていないのかもしれない。



嫌いなものも少し食べる。ゼロにしない。

食事はバランスだとよく言います。

好き嫌いは良くないことです。

でも、嫌いなものは嫌い。
好きになれないものを好きになれ、と言われてもそれは無理というもの。

そんな時のコツは、

「少しだけ食べる」

です。

「バランス」ですから、少しだけでも摂取するのとしないのとでは大違い。
ゼロかゼロではないか、の違いですからね。

人が生きてゆく上で必要な栄養素は様々でしょう。
必須ミネラルなども、ゼロだと深刻な病気になることもあるようです。
でも、ゼロでなければ微量でも十分、という栄養素も多い。

嫌いなものでもゼロにはしない。

人付き合いでも同じですね。

嫌いな人とでもしゃべる。

ちょっとだけで良いから話をしてみる。

嫌いな教科も毎日少しずつ勉強を続ける。

ゼロにしない。

大人になったら、

嫌いでも逃げられないことばかりです。

沖縄人の言葉

「奪い合えば足りない。
   分かち合えば余る。」

沖縄の人々の知恵。

私達は十分に恵まれているのだろう。
「分かち合えば」十分に足りる物を既に持っているのだから。

寂しいかな、

それに気づけない。

日々それに無自覚的に生きている。

そして、「足りない」部分のことばかりに目が行く。

だとすると、

どこまで持っても、満足できない。


そうだ、

Bette Midler の From a Distance をまた聴こう。

♪ ・・・we all have enough ・・・♪



時には敢えて負荷をかける

易しい問題から演習し、確実に学習を積み上げて復習を重ねる。

学習の基本はこれです。

習慣化ですね。

努力とは継続のことですから。

しかし、

時には、やや強めの負荷を与えることも必要です。

敢えて強い負荷を自分自身に与えて、刺激することも大切なのです。

脳は筋肉に似ていますので。

音読50回

手っ取り早い英語学習法。

NHKの英語テキストを50回音読する。

50回音読すると「質的変化」が生ずる。
実行した人だけに分かる「質的変化」。

できるようになりたい人は実行する。

やらない人はやらないで、やらない理由を探し出しては「安心」する。

齊藤塾のある塾生。

1年半前に入塾した時には通知表に3と4がチラホラ。
現在はオール5。
通塾しては日々やるべき課題を実行したから。
やる人はやる。

それだけのこと。

誰だって嫌なものは嫌だ。

それは良く分かる。

勉強は楽しくやりたい。

できれば皆そうしたいと思っている。

ただ、

そんなこと言っているうちに、時間はどんどん過ぎ去って行く。

やる人はやる。
やらない人はやらない。

世の中はそうなっている。

当然大きな差がつく。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント